等身大パネルを使って宣伝すると効果が違う?!

等身大パネルの宣伝効果は見逃せないものがあります。適材適所、効果的に使用することで大きいプロモーション効果を期待できます。

等身大パネルを利用する場合としない場合の効果の違いとは?

宣伝効果の大きな違い

等身大パネルに期待されるもっとも大きな効果は宣伝効果でしょう。等身大パネルを利用する場合としない場合の宣伝効果は大きく異なります。より大きな宣伝効果を期待したい場合、等身大パネルの利用は最適な方法といえます。等身大パネルを効果的に使用して最大のプロモーション効果を得ましょう。

イベントでの盛り上げツールとしての効果

イベント会場に等身大パネルを設置することによって、案内板としての効果やイベントの雰囲気を盛り上げるツールとしての効果を期待できます。等身大パネルがある場合とない場合で、その場の雰囲気はだいぶ変わります。効果的に等身大パネルを利用することによって、イベントをより盛り上げられます。

用途で選ぶのが基本

スタンド看板

等身大パネルは販促用のアイテムとして活用できます。大きさも通常の広告より大きいので目立つといったメリットもあります。印刷業者ではいくつかの等身大パネルを扱っているのでどれがいいのか迷っている人も多いでしょう。基本的に本製品は素材を考慮して選定するのがおすすめです。例えば屋外で使用するのか屋内で使用するかにより対応できる素材が違います。屋外で使用する場合は雨風にさらされる心配があるので耐久性の高い素材を選択するのが適しています。

耐久性を上げるならフレーム仕上げ

のぼり

等身大パネルを利用するときにはフレーム仕上げを選択できます。本サービスはパネルの周辺にアルミフレームを取り付けることができるものです。メリットは等身大パネルの高級感を上げる事ができるので、裕福層をターゲットにした商売をするときに使えます。またパネルは長期間使用していると本体が反ってしまうため、アルミフレームを取り付けて耐久性を上げることができます。費用は多少かかりますが長期間使用するときはフレーム仕上げを選定するのがおすすめです。

パネル以外の商品もある

のぼり

印刷業者で扱っている等身大パネルはバリエーションがあります。例えばスタンドポップというものが用意されていて、自立できる大型ポップを作ってもらえます。本製品は屋外などで販促をするときに非常に便利でしょう。またタペストリーというものも用意されているので知っておくと便利です。本製品は壁掛けをして販促ができる商品です。等身大パネルと併用をして、設置すればお店や商品に販促効果も高まるので使い勝手が優れています。

データ入稿も可能

スタンド看板

等身大パネルを作ってくれる業者では自分のデータを利用してパネルを制作してもらえます。うまく利用すれば完全オリジナルの等身大パネルを作ってくれるので便利です。注意点としてデータ入稿をするときはファイルの種類に気をつける必要があります。基本的にデータ入稿できるファイルは業者により違うので調べておきましょう。

広告募集中